業務案内

事業内容

生活に密着した炉をつくり続け30年
焼却炉を中心とした築炉工事を行っております。
photo

築炉工事

築炉という言葉は普段なかなか耳にしない言葉だと思いますが、読んで字の如く、「炉を築く」ことです。炉は、火を使ってモノを加熱・溶解・焼却する場所や装置のことを示します。
たとえば金属等を加熱して溶解し加工したり、燃料やモノを燃焼して焼却します。日本の産業の中心となっている自動車や船舶から、日常生活で使われているものまで、ほとんどのモノが炉を通って作り出されています。また、製品としての役目を終えたモノを再び溶かして再生する役目も担っています。

このように、生活に密接している炉をつくることを築炉といいます。

わたしたち成伸ファーネス株式会社では、都市ゴミ焼却施設や産業廃棄物焼却炉といった焼却炉を中心に築炉工事を行っております。
炉の内部では1,000度以上にもなります。高温から炉を守るため、築炉技術は長年にわたる豊富な経験と知識、高度な技術が要求されます。高温の火を扱う炉の内部は耐火材や断熱材などの耐火物で施工されますが、つねに熱効率の高い炉の設計を求められています。さらに一般建築物とは比べものにならないほどの緻密な精度でレンガを積み上げていく技術が必要とされています。
成伸ファーネス株式会社は30年を超える技術の積み重ねで、設計・熱計算・炉材選定・積算・製作・メンテナンスまで、一貫した総合技術に取り組んでいます。

  • 歴史が物語る確かな技術
    都市ゴミ焼却施設の築炉工事に関する
    設計・施工
  • 徹底した品質へのこだわり
    産業廃棄物焼却炉の築炉工事に関する
    設計・施工
  • 工程短縮と低コスト化への取り組み
    その他、各種築炉工事の
    設計・施工


  • 歴史が物語る確かな技術
    各種工業窯炉の
    設計・製作・製缶・据付
  • 徹底した品質へのこだわり
    各種燃焼設備の
    設計・製作
  • 工程短縮と低コスト化への取り組み
    各種設備の積算及び
    CADシステムによる設計業務
photo

耐火物の販売

定型耐火物、不定形耐火物やけい酸カルシウムボード、セラミックスファイバー等の断熱・保温材、セラミックコーティング材の販売等。
また、バグフィルター他設備部品の販売および取替作業を行っております。

ページ先頭へ